アクロライト カスタム設定

 度数・フレーム形状に合わせたフリーフォーム

内面非球面単焦点レンズ「アクロライト」は、オプションでカスタム設定が可能です。

カスタム設定を選択頂くと、両眼視強化を目的とした機能が標準化されます。さらには各種パラメーター/ポイントが入力可能となり、お客様一人一人に合った設計が施され、さまざまな収差を最小限に抑えた高いビジュアルパフォーマンスを得ることができるようになります。

   
カスタム設定による効果
 
  • 1
    両眼視の強化
  • 2
    最適な厚みに自動計算

アクロライト カスタム設定 詳細

  

網膜像評価設計(標準仕様)

※写真はイメージです

従来のレンズ

アクロライト カスタム設定

通常のメガネフレームには、見やすくなるように適度な傾斜角が付いています。しかし、物を見るとき目は絶えず移動しているため、光線はレンズに対して傾斜した状態で入ってきます。その結果、レンズから入る光線は網膜上で正確に結像していません。

そのような現象を解消するため、予測された光軸を通った像が正確に結像するよう予め計算し、最適に補正を行う手法が「網膜像評価設計」です

「アクロライト」のカスタム設定を選択いただくと「網膜像評価設計」が標準化されます。


両眼視 最適化アルゴリズム(標準仕様)

※画像はイメージです

従来の見え方

アクロライト カスタム設定

従来型の累進レンズとは異なり、複雑な両目の連携を考慮しています。高度な最適化アルゴリズムは2つの目の画像の融合を支援し、結果として両眼視力が強化されます。

「アクロライト」のカスタム設定を選択いただくと「両眼視 最適化アルゴリズム」が標準化され、両眼視用に度数・プリズム補正が自動的に行われます。


各種パラメーター/ポイント 数値入力

「アクロライト」のカスタム設定を選択いただくと「カスタマイズパラメーター」と「カスタマイズポイント」の数値入力が可能となります。

数値入力により「網膜像評価設計」「両眼視 最適化アルゴリズム」の精度はさらにアップし、両眼視力の強化につながります(数値入力がない場合は、全て規定値設定となります)。さらにはカスタマイズポイントのデータから、フレームにあった最適なレンズ厚に自動計算するため、見た目もきれいに仕上げることが可能となります。

□ カスタマイズパラメーター
   

角膜頂点距離(規定値12mm)

そり角(規定値 5°)

□ カスタマイズポイント
      

瞳孔間距離(PD)

フィッティングハイト(OCH)

フレームデータ

近用作業距離(規定値38cm)(

)近用作業距離は、老眼鏡としてご利用の場合のみご指定下さい。


注意事項

□ 両眼視強化を目的とし、自動的に度数・プリズム補正がかかります。そのため処方度数と実際に仕上がった度数には違いが出ます。