ガラスレンズの特徴

超極薄

プラスチックにはない超高屈折素材

同度数(S-5.00)での厚み比較

1.60 SP

1.90 AS

屈折率 1.90 / 1.80 の超極薄レンズ

現在商品化されているプラスチックレンズには無い、超高屈折タイプ(ne1.90 / ne1.80)があります。

※ 比較図は以下のデータによる厚み計算によって算出された数値を元に作成したイメージ画像です。

□ レンズ度数:-5.00  □ PD:62mm  □ FPD:72mm  □ レンズ横幅:52mm  □ レンズ縦幅:32mm

熱・キズに強い

レンズ表面の耐久性が高い

比重が重く割れやすいというマイナス点はありますが、プラスチックレンズと違い、素材自体の硬度が高いため、レンズ表面の耐擦傷性が高く、素材の膨張性も低いため、熱にも強いという特性があります。

※ グラフは、砂消しゴム耐久試験(10点満点)と、スチールウール耐久試験(10点満点)を総合した評価。

ガラス シングルビジョン Lineup

   
■ 非球面レンズ
    

 シンルックⅢ AS

屈折率 1.90
設計    非球面設計
特注カラー BR10 / BR20

※ マルチコート対応


シンルック AS

屈折率 1.80
設計 非球面設計
特注カラー BR10 / BR20

※ マルチコート対応


球面レンズ
    

シンルックマルチ

屈折率 1.80
設計 球面設計
特注カラー  BR10 / BR20

※ マルチコート対応


HI マルチ

屈折率 1.70
設計 球面設計
特注カラー   BR10 / BR20

※ マルチコート対応


MI マルチ

屈折率 1.60
設計 球面設計
特注カラー   BR10 / BR20

※ マルチコート対応


UVマルチ

屈折率 1.523
設計 球面設計
特注カラー 不可    

※ マルチコート対応


UVコート

屈折率 1.523
設計 球面設計
特注カラー 不可      

注意事項

□ レンズ表面の強度は高いですが、強い衝撃があれば破損します。破片で目や顔を負傷することのないよう、激しい動作をともなうスポーツなどでは使用を控えて下さい。