ペイル25 カラーdata

※ 測定データ:380nm~720nm範囲 / 1mm単位 / 偏光軸=0°方向  ※ カラーはイメージのため実際とは異なります。 


※ 注意:SMOKE25 は屈折率によって色調が異なります。

ペイル25 特徴

  

光のノイズを抑え、コントラストが向上

※ 写真はイメージです

未使用時

Pale25

太陽からの光は、路面や建物、水面などから反射して目に飛び込んできた場合、光の散乱が生じ、複雑な乱反射を生み出します。

太陽光を原因とする屋外での乱反射と比べるとパワーは小さくなりますが、屋内(室内)においても光の乱反射は多く見られます。

窓から入ってくる光や照明、OA機器からの光の乱反射を抑え、まぶしさを軽減しコントラストを高めることが可能となります。

液晶画面のちらつきを抑える

※ 写真はイメージです

未使用時

Pale25

パソコン・スマートフォン・テレビなどの液晶画面からは、常に強い光が放射されています。

強い光が目に入ると、目の中で光が散乱をおこし、「まぶしさ」や「ちらつき」の原因となります。

偏光フィルターにより光のノイズを抑えることで「まぶしさ」や「ちらつき」を軽減することが可能となり、スマートフォンの小さな文字なども認識しやすくなります。

※注意: 画面は少し暗くなります。

眼精疾患などからくるまぶしさ対策に

白内障などの眼精疾患が原因でまぶしさが気になる方へおすすめです。

白内障は目の水晶体が白く濁ってくる疾患で、白濁した部分が光を散乱させ、「まぶしさ」や「ぼやけ」を誘発させます。強い光が白内障を患った目に入ると光の散乱が大きくなるため、偏光フィルターで光のノイズを抑えることで「まぶしさ」や「ぼやけ」を軽減することが可能となります。

また、白内障術後は濁りに目が慣れてしまっているため、濁りを取り除くと再び「まぶしさ」を感じるケースがあります。柔らかな色調のPale ブラウン25を装着することによって、術後のそういった症状を緩和させることができます。

夜間運転時ヘッドライトのまぶしさを軽減

※ 写真はイメージです

未使用時

Pale25

従来の高濃度サングラスレンズは光量が足りず、夜間運転時の安全基準を満たしていませんでした。

色の薄い偏光フィルターを用いた「ペイル25」は夜間運転の安全基準をクリア。

夜間運転の際、対向車のヘッドライトからくるまぶしさを軽減することができます。

 ※ 一部対応コーティングで夜間運転時の使用ができないものがあります。

 ※ 詳細はコーティング別 夜間運転対応表を参照下さい。

注意事項

□ 効果の感じ方には個人差があります。

□ 液晶画面を見る際、暗く感じます。

□ 夜間運転は対応表を参照下さい。

   

◆ ペイル160 (屈折率1.60)

SMOKE25 & BROWN25

対応コーティング    夜間運転
ハードマルチCS(標準)
ネッツペックコート
トランジェ
トランジェUVプラス
クラックフリー
クラックフリーホワイト
内面マルチ ×
ソフトシルバーミラ ×
ソフトブルーミラー ×
ソフトピンクミラー ×

◆ ペイル150(屈折率1.50)

SMOKE25 & BROWN25

対応コーティング 夜間運転

ハードマルチCS(標準)

内面マルチ
ソフトシルバーミラー ×
ソフトブルーミラー
ソフトピンクミラー
ハードコート