クラックフリーコーティングとは?

最新の真空蒸着によりプラスチックレンズの弱点を克服

新開発の真空蒸着技術により、プラスチックレンズの弱点であった熱によるコーティングへのダメージを低減させることに成功しました。

従来のプラスチックレンズは、熱の影響を受けるとレンズの表面に亀裂(クラック)が生じましたが、クラックフリーはその弱点を克服。耐擦傷性も高く、フッ素膜による超撥水コートも標準装備しているため、熱・キズ・汚れに強い優れたコーティングです。

クラックフリー 特徴
  • 1
    真空蒸着技術による耐熱性アップ・・・・・・・・・・・・熱に強い
  • 2
    硬質ハード膜を標準装備・・・・・・・・・・・・・・・キズに強い
  • 3
    フッ素膜加工による超撥水コート標準・・・・・・・・・汚れに強い
  • 4
    静電防止コート標準装備・・・・・・・・ほこりや花粉がつきにくい

耐久試験(熱)

115℃の環境下で5分放置

 従来品

 クラックフリー

マイクロスコープ拡大図

 従来品

 クラックフリー

従来品はプラスチック素材が膨張し、表面の反射防止コートがその膨張に耐えられずに亀裂(クラック)が生じていることが分かります。

耐久試験(キズ)

試験機に砂消しゴムをセットし、3kgの荷重をかけ5往復

 従来品

 クラックフリー

マイクロスコープ拡大図

 従来品

 クラックフリー

モニター評価

※注意:あくまで「熱クラック」に関する調査結果になります。お風呂やサウナでの使用に関しましては「水分付着放置による水ヤケ」や「洗剤などによるコーティングの溶解」など、取扱い注意が必要となります。

クラックフリー コーティング構造

 表面 ←―――――――――――――――――――――――――――→ 裏面                                                     

(画像①)           (画像②)           (画像③)

グリーンの反射色

マジックふき取りテスト
(黄色い線から下がCZコート)

静電防止コート
(上部が静電防止コート)

■耐熱 硬質ハードコート(キズ防止コート)

レンズ素材をキズから守るコーティングです。耐擦傷性能を格段に向上させた上、真空蒸着技術により熱によるレンズ素材の膨張を抑える機能を複合させたワンランク上の硬質ハード膜です。

■マルチコート(反射防止コート)

レンズ表面の反射を防ぎ、視界を明るくさせるコーティングです。マルチの反射色はグリーンを採用(画像①)。

■CZ コート(超撥水コート)

レンズ表面の撥水性をさらに向上させたコーティングです。フッ素膜の改良により水や油をはじくため、汚れが付きにくくなります(画像②)。

■静電防止コート

ほこりや花粉などを付きにくくするコーティングです(画像3)。


注意事項

□ 熱・キズに強いコーティングですが、過酷な条件下での耐熱・耐擦傷性を保証するものではありません。詳しくは下記「メガネレンズの取り扱い」をご参照頂くか、ご購入先の店舗にてご確認の上、お取扱い下さい。

□ イラスト部分はイメージです。