FF タブレット とは?

 手元作業に特化した 中近 内面累進レンズ

「FF タブレット」は、表面カーブを一定化することにより内面累進デザインの自由度を大幅に向上させた「FFiシリーズ」において、室内用に限定し、中近レンズ特有のレンズ側方部の揺れ・ゆがみを大幅に軽減。手元作業に特化させた中近内面累進レンズです。

アイポイントで見た時に 80cm付近が鮮明に見えるように設計されています。近用から中間距離の視界域が大きく、手元作業に特化させた設計となっています。遠用ポイントの焦点距離は 2mで、テレビ鑑賞などにも最適です。

FF タブレット 特徴
11
  • 1
    周辺の揺れ・ゆがみを大幅に軽減させた手元作業に特化した中近内面累進レンズ
  • 2
    どんな度数の組み合わせでも各ポイント部分で見る距離は一定
  • 3
    アイポイントで見た時に 80cm付近が鮮明に見えるように設定
  • 4
    遠用ポイントでの焦点距離は 2m に設定
  • 5
    近用ポイントでの焦点距離は 40cmで設定
  • 6
    カスタム設定で両眼視強化が可能(オプション)

どんな度数(加入度数も含む)の組み合わせにおいても、各ポイントで見る距離は一定

 ※ イラストはイメージです

レンズの水平基準線から 焦点距離 用途(例)
+15mm … 遠用ポイント 200cm テレビ距離  
+ 8mm 100cm PC・対話距離
+ 4mm … アイポイント

80cm

ノートPC距離
-10mm … 近用ポイント 40cm 読書・スマホ距離
     

FF タブレット 商品 data

   

( Lens mark / 1.60 )
 

( Lens design )
 

 FF タブレット67 basic

屈折率 1.67
設計 中近 内面累進設計  
累進帯 21 mm
加入 1.00 ~ 3.00
UVプロテクト    標準装備
カスタム設定 可能(※)
対応コーティング
   
機能オプション

□ 各種数値入力による両眼視強化 □ 最適な厚みに自動計算

注意事項

□ 従来の中近累進レンズと比較して、レンズ側方のゆれ・歪みを抑えた設計となっていますが、見え方に慣れないうちは、ゆれ・歪みを感じることがあります。

□ 車の運転やスポーツなど、広角的な視野を必要とする行為には使用しないで下さい。