FF-itec(アイテック) とは?

 屋外活動にも活用できる遠近両用 内面累進レンズ

「FF-itec(アイテック)」は、表面カーブを一定化することにより内面累進デザインの自由度を大幅に向上させた「FFiシリーズ」において、遠用の明視域を広く設定した遠近両用内面累進レンズです。

左右の視線移動に対応した累進設計で、遠用部を広角的に利用できるため、ドライブ・スポーツなどの屋外活動でもご活用いただけます。

FF-itec(アイテック) 特徴
11
  • 1
    遠用の明視域が広く、広角的に利用できるのが特徴
  • 2
    手元の明視域も従来品と比べ拡大設定
  • 3
    広角的な視野を必要とするドライブ・スポーツなどにも利用可能
  • 4
    累進帯は 11mm / 13mm / 15mm からの選択が可能
  • 5
    カスタム設定で両眼視強化が可能(オプション)

フレームサイズにあった累進帯長を3タイプから選択可能

 ※ 従来の累進レンズとの比較(SPH 0.00 / ADD 2.00) ※ 当社比 / イラストはイメージです

○ 累進帯 15 mm
  

従来の累進レンズ(15mm)

FF-itec(15mm)

推奨天地幅:33mm~37mm

最小天地幅:31mm

大き目のフレームに適した累進帯長です。

遠方視野から手元視野までの度数が、緩やかに変化するのが特徴です。

○ 累進帯 13 mm
  

従来の累進レンズ(13mm)

FF-itec(13mm)

推奨天地幅:31mm~35mm

最小天地幅:29mm

天地幅31mm~35mmのフレームに適した累進帯長です。

従来の累進レンズと比較して、中間域(累進帯の度数変化域)が広く改良されていることが分かります。

○ 累進帯 11 mm
  

従来の累進レンズ(11mm)

FF-itec(11mm)

推奨天地幅:29mm~32mm

最小天地幅:27mm

小さ目のフレームに適した累進帯長です。

遠方視野から手元視野までの回旋距離が短いため、視線移動が楽にできるのが特徴となります。

FF-itec 商品 data

   

( SPH 0.00 / ADD 2.00 / length 13mm )
 

( Lens mark / 1.60 )
 

( Lens design )
 

□ 累進帯長 10mm/11mm/12mm/13mm/14mm/15mm/16mm 設定可能 □ 各種数値入力による両眼視強化 □ 最適な厚みに自動計算

注意事項

□ 従来の累進レンズと比較して、レンズ側方のゆれ・歪みを抑えた設計となっていますが、見え方に慣れないうちは、ゆれ・歪みを感じることがあります。

□ 車の運転にも適した設計になっていますが、レンズに慣れてから行って下さい。