お問い合わせは下記まで   

  • メガネ・眼鏡レンズのことなら創業70年の老舗メーカー 株式会社イトーレンズ

 HOME >メガネレンズの基礎知識

メガネレンズの種類

メガネレンズには素材や設計など、様々な種類があります。

ここでは各種メガネレンズの特徴を紹介します。

レンズの厚みを表す「屈折率」とは?

メガネレンズの厚みを表す基準として用いられている「屈折率」の説明ページです。

「屈折率」の数値が大きくなるほど、レンズの厚みは薄くなります。

ブルーライトカットレンズとは?

パソコンやスマートフォン、テレビなどの液晶画面からは「赤・青・緑・黄」などの様々な光が放射されています。

その中でも波長の短いブルーライトは、他の色と比べ強いエネルギーを持つ性質があり、生体への影響が懸念されています。

メガネレンズの取扱い

メガネレンズは繊細な光学製品です。

レンズにキズやヒビ割れが入ると表面のコートがはがれやすくなります。レンズ特性を知り、正しい取扱いをすることが重要です。

新着情報

2018年6月14日
アート調光レンズに、お客様より要望の多かった屈折率1.67レンズが新登場。加えてアート調光レンズのコートオプションにTRN(キズ防止)・SKYⅡ(ブルーライトカット)・ソフトミラーを追加対応いたします。
2018年6月8日
近赤外線カットコーティングの名称を「IR-SKYⅡ(アイアール・スカイ・ツー)」に変更いたします。名称変更に伴い、キズに強い硬質ハード膜が標準装備となりました。
2018年4月24日
「ネオコントラスト」の屈折率1.67レンズにネッツペックコートのオプション対応を開始いたします。